ウェディング全般に関する情報ブログ 2012年3月に国内挙式スタッフ&ドレスコーディネーターから見た最近の花嫁さん・結婚式・美容情報満載!
プロフィール

TIG DRESS

Author:TIG DRESS

結婚に関する情報満載
花嫁の情報ブログ

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

リンク
RSSフィード
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング
FC2カウンター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は久しぶりのいい天気と、食後というのもあって今!猛烈に一人睡魔と闘っているじょーじです

どうもこんにちは~


たまたま昨日のブログもケーキネタでしたので、今日も私は前回に続きケーキネタです

前回はケーキチャームについて書きましたが今回は、そもそも


ウェディングケーキとは・・・


について書きたいと思います



ウェディングケーキの起源にはいくつか説がありますが・・・


ウェディングケーキの歴史はかなり古く、古代ギリシャまでさかのぼります。

ギリシャのロードス島で作られていた香辛料入りのケーキに由来すると言われています。

それが結婚式のお菓子に常用されていましたが、やがて砂糖やバター、繁栄を意味する木の実

や、様々なフルーツを加え、焼き上げたフルーツケーキへと形を変えていきます。

結婚する両家が小麦などの材料を持ち寄ってケーキを焼いたのが始まりで、砂糖が貴重だった時

代に繁栄と豊かさと幸福のシンボルとされていたようです。


ウェディングケーキ



イギリスでは18世紀後半プラムケーキにマジパンをかぶせ、シュガーペーストで装飾を施した

ウェディングケーキが作られるようになりました。

最初は1段のケーキが、19世紀中ごろには3段重ねのケーキが主流になります

その3段重ねにもきちんと意味があるんですよ

下段のケーキは披露宴でゲストの方に振る舞われ、中段は欠席した方に配られ、上段は夫婦の

最初に生まれてくる子供の為に保存する・・・です


新郎新婦のこれからの人生の繁栄や幸福の願いをケーキに託して、その願いが天まで届くように

と高く積み上げ、そのケーキをみんなで分け合って食べることでみんなで幸せを分かち合おうとい

う思いが込められているそうです



結婚式といえば定番のウェディングケーキ

最近はオリジナルで色々な形がありますが、こうしてきちんと意味を知ると従来からある

背の高~い、いかにもっぽいウェディングケーキもやっぱりいいなぁ・・・と

思いませんか

スポンサーサイト
<< 色留袖3万円で扱ってます★☆★ // HOME // この木なんの木、気になる木??? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://tigdress.blog94.fc2.com/tb.php/543-5c4076a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。